【ロサンゼルス共同】メキシコの司法当局は26日、メキシコ市発成田行きの旅客機内で24日に日本人の男性(42)が発作を起こし、緊急着陸後に死亡を確認したと発表した。司法解剖で胃や腸からコカインが入った計246個の袋が見つかり、当局は死因を麻薬の過剰摂取による心不全と断定。大量のコカインをのみ込み、日本に密輸しようとしていたとみて調べている。

 男性は南米コロンビアの首都ボゴタからメキシコ市の空港で成田行きの便に乗り換えた。離陸直後に体調不良を訴えたため、メキシコ北西部ソノラ州の空港に緊急着陸。当局が死因を調べていた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加