約4400人が鑑賞した二紀展。来場者は大作ぞろいの作品群に見入っていた=佐賀市城内の県立美術館

 佐賀市の県立美術館で開かれた「第72回二紀展巡回佐賀展」(二紀会、佐賀新聞社主催)は26日、閉幕した。会期13日間で約4400人が鑑賞した。最終日も多くの来場者でにぎわい、独創性あふれる作品群に見入った。

 6年ぶりの巡回展は、昨年10月に都内で開催された本展での入選作約千点から厳選した64点と、佐賀支部員による19点が並んだ。

 両親と訪れた専門学校生の石橋貴仁さん(18)=佐賀市=は「作者の思いが伝わり、すごく面白かった。絵の物語を想像すると、穏やかな気持ちになった」と満足そうに話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加