九州新幹線長崎ルートに投入する「フリーゲージトレイン(FGT)」の開発状況を審議する国交省の技術評価委員会は26日、約7万キロの耐久走行試験などの結果を踏まえ、「基本的な耐久性能の確保にめどがついた…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加