鳥栖-鹿島 後半ロスタイム、決勝ゴールを決めて喜ぶ鳥栖FW豊田=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第13節最終日の26日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで鹿島アントラーズと対戦し、豊田陽平の劇的な決勝ゴールで1-0と競り勝ち、3連勝を飾った。鳥栖の3連勝は2014年5月以来5年ぶり。今季の通算成績を4勝1分け8敗(勝ち点13)とし、順位を暫定最下位から四つ上げJ1残留圏の14位に浮上した。

 試合は一進一退の攻防が続いた。互いに無得点のまま後半ロスタイムに突入したが、鳥栖は途中出場の小野裕二がペナルティーエリア内に進入して中央へ折り返すと、ゴール前に構えた豊田陽平が左足で決めた。

 第14節は31日と6月1日にあり、鳥栖は1日午後4時から駅前不動産スタジアムでセレッソ大阪と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加