唐津の海に生息する魚に触れる子どもたち=唐津市佐志浜町

 唐津市の唐房漁港で取れた新鮮な海産物を楽しむ「唐房さかなまつり」が26日、同市の佐志公民館裏駐車場で行われた。海産物販売や同地区に伝わる伝統漁法の見学会もあり、大勢の親子連れや買い物客でにぎわった。

 唐房地区の伝統漁法「ごち網漁」見学では、遊覧船で沖に出て実際の漁を間近で眺めた。漁師が引き上げる網にタイやチヌの大物がかかっていると、遊覧船から大きな歓声が起こった。

 魚のタッチプールではアナゴ、タコなど唐津に生息する10種以上が入れられ、子どもたちは興味深そうに触っていた。鮮魚をはじめ多彩な海産物や加工品の販売も人気を集めた。野嵜真虎君(佐志小3年)は「いろんな魚がいて楽しい」とまつりを満喫していた。

 同まつりは唐房地区の漁師たちなどでつくる実行委が主催、今年で2回目。実行委会長の吉田典功さん(50)は「魚の新鮮さには自信がある。リピーターも来ており、将来的に直売所設置につなげれば」と話した。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加