女子ハンマー投げ 大会新記録の43メートル33をマークして優勝した佐賀商の藤野愛奈=佐賀市の県総合運動場補助競技場

第57回佐賀県高校総合体育大会の開幕に先駆け、陸上の男女ハンマー投げが25日、佐賀市の県総合運動場補助競技場で行われた。女子の藤野愛奈(佐賀商)が43メートル33の大会新記録で優勝。男子は白水歩(佐賀工)が53メートル62で制した。

 県高校総体は31日に総合開会式を行い、30競技31種目に50校6931人が出場する。26日には同運動場球技場でサッカー男子の1回戦4試合がある。

最終6投目で会心

 ○…陸上女子ハンマー投げは、藤野愛奈(佐賀商2年)が最終6投目に43メートル33の大会新記録をマークして頂点に立った。「今まで練習してきた自分を信じて最後まで諦めずに投げた」と喜んだ。

 総体独特の緊張感があったと言い、1~5投目は記録が伸びなかった。最終投てきを前に、自身のノートに記した「腰を落とす」「右足で地面を蹴る」という二つのポイントを改めて意識し、好記録につなげた。目標の44メートルに届かなかった悔しさもあるが、「最後に大会新が出せて良かった」と笑顔を見せた。

 北九州陸上(6月13~16日)で全国総体の切符を得るには、自己記録(43メートル45)を上回る43メートル後半~44メートル台が必要と想定する。「自分のベストを尽くせるように大会までの期間を大切にし、一投一投本番をイメージしながら練習したい」と先を見据えた。(古川浩司)

 

ターンの安定目標

 5投目に53メートル62を記録して優勝した(男子)佐賀工の白水歩 緊張と焦りで体が硬くなってしまった。ファウルが(計4回と)多かったので、安定したターンを目標にしたい。北九州陸上では1投目から(全国切符が得られる)6位を取れる記録を狙う。

 

 【男子】ハンマー投げ (1)白水歩(佐賀工)53メートル62(2)代居和海(佐賀商)46メートル78(3)井口萌晃(佐賀工)40メートル62

 【女子】ハンマー投げ (1)藤野愛奈(佐賀商)43メートル33=大会新(2)飯盛杏理(佐賀清和)32メートル00(3)伊藤莉那(唐津青翔)31メートル33

このエントリーをはてなブックマークに追加