鹿島市の古枝小(廣田弘一郎校長)で1年間を通じて、もち米作りに取り組む学習が始まった。21日に地域の農家たちの指導を受けながら、5年生の児童32人が種まきを行った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加