もち米の種まきに汗を流す古枝小の5年生=鹿島市の同校

 鹿島市の古枝小(廣田弘一郎校長)で1年間を通じて、もち米作りに取り組む学習が始まった。21日に地域の農家たちの指導を受けながら、5年生の児童32人が種まきを行った。

 伝統的な習わしや食のありがたみを学ぶ総合学習の一環。古枝小では毎年、代かき、田植え、脱穀、稲刈りと稲作の全ての工程を実践している。しめ縄作りや餅つきも行い、昔ながらの文化に触れる授業を組んでいる。

 この日は、古枝公民館の今村一郎さんの指導を受けながら児童らが苗箱に土を入れて、種をまいた。地元の農家も加わり「まんべんなく」とアドバイス。子どもたちは協力して農作業に汗を流していた。

 廣田校長は「単発でなく、子どもたちには長いスパンでじっくりと学びを深めてもらえる」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加