有田町にある佐賀大有田キャンパスの公開講座が6月11日、開講する。12月まで計6回開き、芸術地域デザイン学部の教員が、焼き物のデザインなどそれぞれの研究分野について語る。

 一昨年4月の同キャンパス開設記念として毎年開き、今回が最終年。初回は絵を学ぶために有効な模写について、日本画の講師が解説する。ほかに、科学的な視点から捉えた焼き物、肥前地区の石こう型による成形技法などがテーマで、ろくろや糸切り細工といった焼き物の伝統的な成形について実演を交えながら紹介する回もある。

 8月を除き、毎月第2火曜の午後6時20分~同7時40分に開催。講習料は3千円で、単回参加は1回600円。申し込みは同大ウェブサイトか、同大教務課、電話0952(28)8334。

このエントリーをはてなブックマークに追加