精神科医の奥平智之氏(提供)

 累計8万部を突破した『食べてうつぬけ』の著者で精神科医の奥平智之氏の講演会が6月1日午後12時半から、佐賀市文化交流プラザ交流センターで開かれる。「栄養から考える女性の不調対策術」をテーマに、鉄分を軸にさまざまな栄養素の働きや心身への影響などを説明する。午後2時半まで。

 奥平氏は、埼玉県の山口病院精神科部長や日本栄養精神医学研究会の会長を務める。食事や栄養、漢方を取り入れた精神科治療を実践し、栄養学と心身の不調の関係性や栄養精神医学の大切さなどを全国で呼び掛けている。

 主催する佐賀市の妊活コンディショニングサロン「totell(トテル)」の北川慎也さんは「体の状態を客観的に知るだけで、データそのものを知るよりも安心できると思う」と話す。定員は50人で参加費は3000円(事前振り込み、当日は1000円増)。申し込みは同サロンのウェブサイト、もしくは電話、0952(37)3477。

このエントリーをはてなブックマークに追加