ボルトン米大統領補佐官(UPI=共同)

 ボルトン米大統領補佐官は25日、北朝鮮による今月上旬の短距離弾道ミサイル発射について「国連安全保障理事会の制裁決議違反だ」と指摘した。米高官が今回のミサイル発射を安保理決議違反だと明言したのは初めてとみられる。トランプ米大統領が今夕、令和時代初の国賓として来日するのを前に東京都内で記者団に語った。

 ミサイル発射を非難する日本と、北朝鮮との対話継続に向けて批判を抑えてきた米国との間で温度差が指摘される中、27日の首脳会談を前に日米の結束を強調した形だ。

 日朝首脳会談開催については「核兵器開発の放棄や日本人拉致問題の解決に大きな一助となる」と述べた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加