農業の担い手不足が深刻化する中で人工知能(AI)などの先端技術を活用する「スマート農業」の技術を高めようと、九州農政局は27日、「九州スマート農業技術連絡会議」を立ち上げる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加