2月、多久市の米を原料にした新しい日本酒が完成した。手掛けたのは、10年前に酒造りを再開した市内唯一の酒蔵「東鶴(あづまつる)酒造」の社長、野中保斉(やすなり)さん(39)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加