佐賀空港へのオスプレイ配備計画を巡り、岩屋毅防衛相は24日の閣議後会見で「恒久的な施設なので(計画実現には)かなり時間もかかるだろう」と述べ、導入予定の全17機を千葉県の木更津駐屯地に暫定配備する可能性を示唆した。

 岩屋氏は「(佐賀空港への配備計画に)理解をいただき、施設整備を進めてそれが早めにできるということになればと思うが、佐賀においては恒久的な施設なのでかなり時間もかかるだろう」と話した。

 木更津市側に配備の長期化への懸念がある点については「佐賀の交渉はこれから知事に再開していただくところなので、この段階で期間について申し上げられない。暫定配備の期間ができるだけ短く済むよう最大限努力したい」と述べた。

 防衛省によると、17機の運用開始時期は2021年度。現在、5機を米国に配置している事例を踏まえ「21年度に17機が木更津に配備されるとは限らない」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加