全日空の関係者に見送られるA380の初便=24日午後、成田空港

 記念式典であいさつする全日空の平子裕志社長=24日午後、成田空港

 ウミガメが描かれた全日空のエアバスA380=3月、成田空港

 全日空が国内航空会社として初めて成田―ホノルル線に導入する総2階建ての超大型機エアバスA380の初便が24日、成田空港を出発した。ハワイで神聖な存在として親しまれるウミガメの外装と、現地の海や空をイメージした内装が特徴。同社では最多規模の520席がほぼ満席だった。

 出発に先立ち空港で記念式典を開き、平子裕志社長が「これをきっかけに自然環境保護の活動を進めたい」とあいさつ。この日からホノルル線で限定上映の機内安全ビデオに登場するウミガメのゆるキャラも駆け付けた。

 ハワイ路線では、日航が「嵐」のメンバーが描かれた特別塗装機を就航させ、争いが激しくなっている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加