連載小説「家康」も第三部となりました。前作「不惑篇」のラストで信長は、自身が描くこの国のビジョンを家康に語りました。律令制を復活させ、戦乱の世を終わらせるのだ、と。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加