吉川貴盛農相は24日の閣議後の記者会見で、国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防排水門の開門を巡る訴訟で国の主張を認めた高裁判決が見直される可能性が出てきたことについて「予断を持ったコメントは差し控えたい」と述べ、言及を避けた。「引き続き基金による和解を目指したい」とも話し、最終的には漁業者と和解したいとの考えをあらためて強調した。

 この訴訟では、地元の漁業者がノリ養殖などに悪影響が出ているとして開門を求めたが、二審の福岡高裁は過去の訴訟で出された開門命令を無効と判断した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加