子どもたちへの読み聞かせのコツを学ぶ講座が6月29日午前10時15分から、佐賀市の佐賀県教育会館で開かれる。児童文学作家の村中李衣(りえ)ノートルダム清心女子大教授による講演や、紙芝居の魅力的な演じ方などを学ぶ講義を通し、実践力を高める。

 講座は「出版文化産業振興財団」(JPIC、東京都)が主催。当日は、絵本を介したコミュニケーションの可能性について研究する村中教授が講演。読み聞かせが子どもの成長に果たす役割について話す。午後は2グループに分かれ、参加者が読み聞かせをしたい絵本を紹介して交流を深めながら、子どもたちを引き付ける紙芝居の見せ方などを学ぶ。

 定員は先着100人、参加費は1000円(資料代含む)。参加希望者はJPICのウェブサイトか郵送、またはファクスで申し込む。当日は、読み聞かせをしたい絵本を持参する。問い合わせはJPIC、電話03(5211)7282、ファクス03(5211)7285。

このエントリーをはてなブックマークに追加