鎌倉時代の仏師、運慶が手掛けたとされる東妙寺(佐賀県神埼郡吉野ヶ里町、早田法玄住職)の国重要文化財「釈迦(しゃか)如来坐像」など仏像2体が、1915年以来、104年ぶりに修復される。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加