春の叙勲・褒章の伝達式で、勲章や褒章を受け取る受章者=佐賀市の佐賀城本丸歴史館

 令和初となる春の叙勲・褒章の伝達式が23日、佐賀市の佐賀城本丸歴史館であった。社会奉仕活動や地方自治などの分野で顕著な功績があった13人、1団体に山口祥義知事が勲章や褒章を手渡し、長年の活動をたたえた。

 薬事功労の旭日双光章を受章した元県薬剤師会会長の高祖順一さん(70)=佐賀市=は「図らずも令和元年の受章で、身に余る光栄。ただひたすら職務に専念してきたが、決意を新たに少しでも地域に貢献できるよう精進する」と喜びを語った。

 山口知事は「戦後の昭和を駆け抜け、豊かな社会を築いた先輩方の頑張りに敬意を表したい。培ってきた志を令和の時代にも引き継いでほしい」とさらなる活躍を期待した。

 今回の叙勲・褒章は県内から叙勲44人、褒章1団体、5人が受章した。

このエントリーをはてなブックマークに追加