26日の定期演奏会への来場を呼びかけるファミリーウインズ鳥栖吹奏楽団のみなさん=18日夜、鳥栖市民文化会館

 ファミリーウインズ鳥栖吹奏楽団(西田幸治団長、30人)が26日午後2時から、鳥栖市民文化会館で第6回定期演奏会を開く。今回は会場が初の大ホール(収容約1500人)で、初めて高校生とのコラボも行う。西田代表(44)は「迫力ある演奏や、楽しい仕掛けも準備中。ぜひ来場を」と呼び掛けている。佐賀新聞社後援。入場無料。

 楽団は元々、みやき町で活動を始め、練習会場などの関係で10年ほど前に拠点を鳥栖市に移した。メンバーは鳥栖市や三養基郡、久留米市、小郡市の大学生、専業主婦、会社員らで19歳~65歳までと幅広い。家庭的な和気あいあいとした雰囲気の中で音楽を楽しもうと、楽団名に「ファミリー」の冠を付けたという。

 毎週土曜の午後6時から市民文化会館で練習している。まつり鳥栖などのイベントや高齢者福祉施設での文化祭にも参加している。

 今回は9曲を予定。鳥栖商高吹奏楽部がゲスト出演し、別途、数曲を披露する。最後は総勢80人ほどで映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の曲を大合奏、迫力ある演奏を届ける。

 演奏会では難病の子どもたちを支援する活動についても案内し、募金への協力を呼び掛ける。終演は午後4時ごろ。演奏会や楽団への問い合わせは西田さん、電話050(5361)1835。

このエントリーをはてなブックマークに追加