インドのモディ首相(ロイター=共同)

 下院選の開票が進む中、与党インド人民党の事務所前を警備する治安当局者=23日、ニューデリー(共同)

 23日、インド東部コルカタで、下院選の開票結果を受けて気勢を上げる与党インド人民党の支持者ら(ロイター=共同)

 【ニューデリー共同】インド主要メディアは23日、同日開票された下院選(545議席)で、モディ首相のインド人民党(BJP)中心の与党連合が300議席を超えることが確実になったと報じた。モディ氏は23日、ツイッターで「共に強いインドを築きましょう」と国民に呼び掛け、続投に意欲を表明。BJPのシャー総裁も「モディ政権再び」と投稿し、勝利宣言した。

 隣国パキスタンに対する強硬姿勢など、強い指導者像を打ち出したモディ氏が支持された格好。だがヒンズー教至上主義団体を母体とするBJPのモディ政権下で、多民族国家であるインドの社会の分断が進んだと指摘されている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加