神埼市神埼町尾崎の「日の隈窯」で25日から、窯出し展示会を開く。食器や花器、絵皿に加え、尾崎焼の火鉢など約800点が並ぶ。27日まで。

 草花をモチーフにして切った和紙に、鉱物が原料の絵の具を染み込ませて器に色を移す和紙染めの技法を用いている。新作のティーポットや陶器で作ったアクセサリーもある。

 尾崎焼は、鎌倉時代の元寇の捕虜から同地区に伝わったとされる。生活様式の変化で1980年代に消滅の危機にさらされたが、同窯では復興に取り組んでおり、昔作られていた手あぶり火鉢を復元している。

 午前9時~午後5時。期間中は訪れた人に煎茶を提供する「呈茶席」を設け、3千円以上の購入者限定で空くじなしの抽選会もある。問い合わせは同窯、電話0952(53)3018。

このエントリーをはてなブックマークに追加