夏の参院選で安全保障関連法廃止を掲げる野党統一候補を支援する団体「市民連合」の佐賀県版組織が28日、発足する。県内の学識者や弁護士、宗教者、医師らが共同代表を務め、野党共闘の実現を求めていく。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加