鳥栖-F東京 後半、公式戦初出場した鳥栖MF本田(左)=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 JリーグのYBCルヴァン・カップ1次リーグ最終節は22日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムなどで8試合があり、B組のサガン鳥栖はFC東京に0-1で敗れた。通算成績は1勝2分け2敗(勝ち点5)で、グループ3位での1次リーグ敗退となった。

 A組の長崎は横浜Mを3―1で破り、同組2位でプレーオフ進出を決めた。札幌は湘南と引き分け1位。B組のFC東京は、柏と引き分けた1位仙台に続く2位でプレーオフへ。C組のC大阪は大分に2―0で勝って1位、神戸に勝った名古屋が2位。既に突破2チームが決まっていたD組はG大阪が松本と引き分けて1位に、清水に敗れた磐田が2位となった。

 ホームアンドアウェー方式で8強入りを争うプレーオフは6月19、26日に札幌―磐田、仙台―名古屋、C大阪―FC東京、G大阪―長崎のカードで行われる。

【戦評】F東京1―0鳥栖

 鳥栖は前半の得点機をものにできず、完封負けを喫した。

 前半立ち上がりから主導権を握ったのは鳥栖。6分、ペナルティーエリア正面の位置から狙ったMF安在のFKは相手GK林にはじきだされた。その後もFWトーレスのポストプレーを起点に再三好機をつくったが、シュートはことごとく枠を外れた。逆に45分、ゴール前での中途半端なパスをシュートにつなげられ失点。0-1で折り返した。

 後半、鳥栖は15分までにクエンカ、原川の両MF、FW金崎を投入したものの、相手の厳しい守備を崩すことはできなかった。42分にはDF原のクロスをトーレスが右足で合わせたが、シュートはゴール上へ。最後まで1点が遠かった。

【談話】

 MF本田風智(2種登録で公式戦初出場) 攻撃面では間にパスを通すなど持ち味を出せた。ただ、前半の終わりに、自分の判断ミスから失点につながってしまったので反省したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加