小城市の天山酒造は22日、新酒の仕込みの終わりを告げる伝統行事「甑倒し」を行った。冬の間、酒造りに励んできた蔵人たちが酒樽を載せたみこしを引き、清水川上流の清水観音を参拝。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加