「こんなに拾ったよ」=唐津市鏡の松浦川運動広場河川敷

 世界につながる海をきれいにしたい―。「みんなの海プロジェクト」のメンバーは定期的に海や川、虹の松原の清掃を行う。この日は早朝から唐津市鏡の松浦川運動広場河川敷で、目に留まりにくい岩間に挟まれた大量のごみを拾った。その後、虹の松原でボランティア団体「ホワイトブルー虹」の皆さんと一緒に松葉かきや草取りも。

 定例ミーティングでは海について調査したり、問題提起したり、全員が意見と理由を述べ合う姿が印象的だ。

 代表の永田悠はるか君(北波多小5年)は「ごみの多い唐津の海をきれいにしたくて始めた。大変だけどやりがいがある。続けていきたい」と話す。あなたたちに感謝しているのは海や松原だけではないはずだよ。(地域リポーター・木村加奈子=唐津市)

このエントリーをはてなブックマークに追加