倉庫の扉全面に「F3」の文字=唐津市二タ子

川藤知恵

横山大幹

齊藤 雅裕

木村理子

原田 大史

 ここは唐津市の唐津東港フェリー乗り場近くにある「二タ子三丁目倉庫」です。小型船舶メーカーの倉庫だった建物で、この場所でどんなことができるのか。お試しイベントを7月14日開催することになり、「唐津みなとまちづくり懇話会」F3GW(エフスリーワーキンググループ)が動き出しました。早速ボランティアに駆けつけてくれたのが九州大学の学生たちです。大きな扉の全面に頭文字を取って「F3」の文字が描かれました。(地域リポーター・小島起代世=唐津市)

川藤かわふじ 知恵さん(21)

 広島出身です。船が入って、のどかで、唐津城も見えて。すごくきれいな場所で作業ができてよかった。

横山 大幹さん(22)

 糸島から呼子まで自転車で行ったことがあります。尾道の「U2」(港複合施設)みたいに自転車旅が楽しめる場所になってほしいな。

齊藤 雅裕さん(22)

 まちづくりに貢献できてうれしい。懇話会の会員と一緒に周りの松の手入れもしていきたい。

木村 理子さん(22)

 ドライブで虹の松原に来たことはありましたが、壱岐に行くフェリー乗り場がここにあるとは知りませんでした。

原田 大史(26)

 九大景観研究室の修士課程2年です。私たちが作ったベンチにも座っていただき、うれしい限りです。

このエントリーをはてなブックマークに追加