道の駅の開業を前に花苗を植える生徒=白石町福富

道の駅の開業を前に花苗を植える生徒=白石町福富

 「道の駅しろいし」が6月1日に開業するのを前に、佐賀農高の生徒が22日、周辺の歩道に花苗を植えた。訪れる人たちに喜んでもらおうと、色鮮やかな花で彩った。

 参加したのは、同校農業科学科の3年生16人で、白石町の田島健一町長も加わった。生徒らは100メートルの歩道沿いに、芝桜など約300本の花苗を丁寧に植えていった。

 参加した同校3年の大久保愛唯さん(17)は「訪れた人に楽しんでもらえるように、丁寧に植えました」と話した。

 道の駅は、28日~30日にプレオープンし、6月1日に開業を祝う式典が開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加