小野薬品工業は22日、京都大の本庶佑特別教授ががん免疫治療薬「オプジーボ」を巡る特許料率の見直しを求めている問題で、料率の引き上げではなく、京都大への寄付として対価を支払う案を本庶氏側に提示していることを明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加