安倍晋三首相がトランプ米大統領来日時の夕食会を、東京・六本木の炉端焼き店で開く方向で調整していることが分かった。政府関係者が22日、明らかにした。和風の落ち着いた雰囲気の中で、より親交を深める狙いがある。2002年に当時のブッシュ大統領が来日した際、小泉純一郎首相が和風レストランでもてなした例を参考にした可能性もありそうだ。

 夕食会は26日、両国国技館で大相撲夏場所千秋楽を一緒に観戦した後に行う。昭恵、メラニア両夫人も同席する方向だ。

 関係者によると、店はカウンターに魚介類や肉、野菜が並び、客の目の前で焼くスタイル。外国人も多く訪れるという。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加