JTB総合研究所は、佐賀県内の焼き物やバルーン、温泉などの写真を使って、外国人に対する観光地の画像による印象調査を実施した。佐賀は外国人旅行者の延べ宿泊数の伸び率が高いことに加え、食材や器、自然など素材が豊富にある点が研究対象として注目された。