働き方改革への取り組みを進めることなどを確認した県建設業協会の総会=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 佐賀県建設業協会(松尾哲吾会長、会員173社)は20日、佐賀市で定期総会を開いた。建設業の担い手確保に向け、長時間労働是正や処遇改善といった「働き方改革」の取り組みが必要として、発注者へ適正な工期設定、施工時期の平準化を働き掛けていくことなどを確認した。

 重点事業としては、女性職員の就労促進への取り組みなど「雇用・労働対策」、防災活動、防疫活動をはじめとする社会貢献活動の推進といった「建設業の健全な発展への対応」など5点を挙げた。

 役員に関しては、常務理事に山﨑日出男氏(前佐賀県県土整備部長)を、理事に豆田組の豆田守正氏(豆田組社長)を追加選任した。

このエントリーをはてなブックマークに追加