工事の安全を祈願して玉串をささげる関係者=佐賀市松原

 NHK佐賀放送局(山崎久局長、佐賀市城内)の新放送会館建設の安全祈願祭と起工式が21日、移転先の松原の佐賀商工会館跡地などで行われた。6月に着工、2021年6月に完工予定で、同年12月からの本格的な運用開始を目指す。

 建設予定地での安全祈願祭には、NHKの児野昭彦専務理事や工事関係者ら約30人が出席した。起工式は佐賀市のホテルニューオータニ佐賀であり、県内政財界の約20人も加わって新会館建設の始動を祝った。

 山崎局長は取材に「地域の皆さんにとって役立つ、にぎわいのある会館にしていきたい」と話した。

 新会館は3階建て(高さ22メートル)の免震・鉄骨造りで延べ床面積は5267平方メートル、敷地面積は3715平方メートル。1階には市民との交流スペースが設けられる。

 当初は17年8月に着工し、今年2月に完成する予定だったが、軟弱地盤や建設資材の高騰で施工業者の選定が難航し、4回に及ぶ入札や公募型プロポーザルを通して大手建設会社に決まった。

このエントリーをはてなブックマークに追加