介護が必要になる原因で多いのは、脳血管疾患が17%、認知症が16%、虚弱が13%、関節疾患が11%といわれています。3番目に多い虚弱は最近「フレイル」とも呼ばれ、40代から始まると注目を集めています。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加