【ニューヨーク共同】「ソウルの女王」と呼ばれ、昨年8月に膵臓がんのため76歳で亡くなった米黒人女性歌手アレサ・フランクリンさんの手書きの遺書3通が中西部ミシガン州デトロイトの自宅で今月見つかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加