ふるさとの自然を守ろうと、脊振中(神埼市)の生徒ら40人が17日、背振山で清掃活動を行った。生徒はビニール袋と火ばさみを手に、ごみが落ちていないか山道の脇を熱心にのぞいていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加