熊本地震の被災地を支援するチャリティーコンサートが6月2、8の両日、佐賀市と唐津市で開かれる。声楽講師の宗真弓さん(36)=唐津市=と、ピアニストの国本裕子さん(36)=佐賀市=がクラシックやポップスの名曲を披露する。

 2人は佐賀女子高音楽科の同級生で、宗さんは徳島文理大学短期大学音楽学科を卒業後、音楽教室の講師などを務めている。唐津市のご当地キャラ「唐ワンくん」体操の歌も歌っている。国本さんは桐朋学園芸術短期大ピアノ科を卒業後、フリーで活動している。

 当日のプログラムは、アメージング・グレースやショパンの「別れの曲」など15曲。

 チャリティーコンサートは2回目で、昨年は福島県いわき市へ寄付した。2人は「音楽で癒やしの時間を過ごしてもらって、被災地の支援につなげたい」と話している。

 チケットは2500円(1ドリンク付き)。2日は午後2時半から佐賀市呉服元町のカフェ・ブラッサンスで、8日は午後4時から唐津市北城内のヌフで。問い合わせは宗さん、電話090(9603)2316。

このエントリーをはてなブックマークに追加