インタビューに答える加藤典洋さん=2014年8月、東京都新宿区の新潮社

 「敗戦後論」などの著作で戦後日本の本質を問い続けた文芸評論家で早稲田大名誉教授の加藤典洋(かとう・のりひろ)さんが16日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。71歳。山形市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻厚子(あつこ)さん。

 東京大文学部卒業。1985年に「アメリカの影」で単行本デビュー。95年の論文「敗戦後論」で、日本がアジアへの加害責任と向き合うには、先に日本の戦没者を弔う必要があるなどと問題提起し、大論争を巻き起こした。

 早稲田大教授などを歴任。「小説の未来」などで桑原武夫学芸賞を受賞。他の著書に「村上春樹は、むずかしい」など。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加