決勝・有田工-佐賀工 優勝に貢献した有田工の先発市川敬祐(手前)=佐賀市のスポーツパーク川副

 第66回全国高校定時制通信制軟式野球大会佐賀大会は5月11日、佐賀市のスポーツパーク川副であり、決勝で有田工が佐賀工を15-1で破り、11年ぶり4度目の頂点に立った。

 有田工は初回、9点を奪って主導権を握った。その後も毎回得点し、先発市川敬祐が相手打線を1点に抑えた。

 有田工は6月30日に長崎県である西九州大会に県代表として出場する。

 

 ▽1回戦 有田工3-2鳥栖工(六回時間切れ)

 ▽決勝

有田工9231-15

佐賀工1000-1

   (四回時間切れ)

(有)市川-中村

(佐)吉村、江越-音成

▽本塁打 中村(有)江越(佐)

▽二塁打 湯下、市川(有)

このエントリーをはてなブックマークに追加