北方領土を巡る戦争発言で日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員は20日、野党が提出した議員辞職勧告決議案に関し「言論の府が自らの首を絞めかねない。可決されても辞めるわけにはいかない」と国会内で記者団に語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加