第48回日本男子ソフトボールリーグ第2節第2日は19日、福岡県北九州市ひびきコスモス運動場で9試合があった。ダイワアクト(佐賀市)はジェイテクト(徳島)と高知パシフィックウェーブを破り、開幕からの連勝を6に伸ばした。

 ダイワアクトはジェイテクト戦で打線が爆発。アンドリュー・カークパトリックやウエムル・マタの本塁打などで得点を重ね、11-1で六回コールド勝ちした。高知パシフィックウェーブ戦では初回に先制を許したものの、二、三回に計6点を奪い主導権を握った。マタが3失点完投し、7-3で勝利を収めた。20日は、雨で延期されていた第2節第1日の試合が同運動場であり、ダイワアクトは埼玉県庁クラブ、Neo長崎と対戦する。

 

ジェイテクト000100-1

ダイワアクト222041×-11

   (六回コールド)

(ジ)森田、井上、木下-中村、滝

(ダ)アンドリュー、石崎-升水

▽本塁打 アンドリュー、マタ2(ダ)

▽二塁打 安戸(ジ)升水2(ダ)

ダイワアクト

0240010-7

1000002-3

高知パシフィックウェーブ

(ダ)マタ-升水

(高)高橋、片岡大空-片岡大洋

▽本塁打 白水2(ダ)中西(高)

▽二塁打 野中(ダ)

 

 ◇日本リーグ女子(19日・前橋市民球場ほか)

ビックカメラ高崎(8勝1敗)2―1太陽誘電(6勝3敗)

このエントリーをはてなブックマークに追加