23年間にわたって武雄市山内町のJR佐世保線三間坂駅の乗降客を見守り、駅を憩いの場に育ててきた同町の杉光俊子さん(85)が、5月で活動の第一線から退くことになった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加