自民党の谷川弥一衆院議員(長崎3区)

 九州新幹線長崎ルートで未着工の新鳥栖―武雄温泉間のフル規格整備に佐賀県が反対していることを巡り、自民党の谷川弥一衆院議員(長崎3区)は18日、長崎県諫早市内のトンネル工事現場を視察した際のあいさつで「山口祥義知事に『今は韓国か北朝鮮を相手にしている気分だ』と言ったが、いくら言っても一緒です」と発言した。

 山口知事は、同区間の整備方式を議論している4月の与党検討委員会で、多額の財源負担などを理由に「これまで新幹線整備を求めたことはないし、今も求めていない」と建設を拒否する考えを示した。

 谷川氏は取材に対し、発言内容は検討委で山口知事に対して発した言葉で「隣県同士の交渉なので外交に例えた」と説明。「北朝鮮」の表現について「言葉が走った。国交がないので正確ではなく、真意ではない。修正したい」と釈明した。

 発言内容について「韓国のような冷たい仕打ちではなく、人間の情を持って話をしてほしいと言った」と趣旨を説明した。【長崎新聞】

このエントリーをはてなブックマークに追加