大相撲夏場所を右膝負傷で途中休場し、8日目の19日に再出場した東大関貴景勝(22)が9日目の20日、再び休場することが決まった。大関による1場所2度の休場は極めて異例。

このエントリーをはてなブックマークに追加