朝目覚めて障子戸を開けると、霜や雪で真っ白という日が徐々に少なくなってきた。季節は雨水(うすい)が過ぎ、もうじき啓蟄(けいちつ)だ。まず空が緩み、大地が温もるのだろう。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加