山口知事に国際大会での優勝を報告したサガン鳥栖U-15選抜の選手たち=県庁

 サッカー・J1サガン鳥栖の下部組織(そしき)の選抜(せんばつ)チームが、4月下旬(げじゅん)にイタリア・トリノで開催(かいさい)された「ステファーノ・グッゼーラ国際(こくさい)大会」で初優勝(はつゆうしょう)を飾(かざ)りました。チームは9日に県庁(けんちょう)を訪(おとず)れ、山口祥義(よしのり)知事に優勝(ゆうしょう)の喜びを報告(ほうこく)しました。

 大会には、イタリアの強豪(きょうごう)ユベントスの下部組織など24チームが参加。6チームごとの予選リーグを戦い、グループ1位が順位決定トーナメントに進みました。

 鳥栖はU-15とU-15唐津のメンバー23人で挑(いど)み、予選リーグを4勝1敗で突破(とっぱ)。順位決定トーナメント初戦はユベントスと戦い、後半立ち上がりに主将(しゅしょう)のMF福井太智(ふくいたいち)選手=鳥栖中3年=が奪(うば)ったゴールを粘(ねば)り強(づよ)く守(まも)り抜(ぬ)きました。

 決勝はノアシェラン(デンマーク)と対戦。前半にFW乗冨璃弥哉(のりとみりみや)選手=福岡・三橋中3年=がネットを揺(ゆ)らして先制(せんせい)。試合終了間際(しゅうりょうまぎわ)に追い付かれましたが、PK戦を5-4で制(せい)しました。

 報告を受けた山口知事は「初戦で負けながらも、それから勝って優勝できたのはいい経験(けいけん)をしたね」とねぎらいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加