メモを取りながら熱心に話を聞く児童生徒たち=佐賀市富士町の英龍温泉

 佐賀市の小中一貫(いっかん)校北山校の児童生徒が、ふるさとについて学ぶ郷土(きょうど)学習が10日、同市富士町内で行われました。同校の5、6、7年生15人が古湯温泉(おんせん)や直売所などを巡(めぐ)り、郷土への愛着を深めました。

 学習は郷土の素晴(すば)らしさを知り、誇(ほこ)りに思える児童生徒の育成を目的に実施(じっし)しています。古湯温泉が全国で有数の高アルカリ性(せい)の温泉であることや湯治などの話に、児童生徒らはメモを取りながら熱心に耳を傾(かたむ)けました。質疑応答(しつぎおうとう)では積極的に手を挙げ、外国人観光客への対応(たいおう)などを質問(しつもん)していました。

 6年生の田中美羽菜(たなかみうな)さんは「初めて知ったことがたくさんあって面白(おもしろ)かったし、温泉で病気を治せることにびっくりした。富士町はすごいところだと思った」と話していました。(11日付15面)

このエントリーをはてなブックマークに追加