鳥栖は終了間際の得点で今季初の連勝を飾った。

 序盤からボールを保持されたものの、前線からボールを奪いにいく守備が機能し、相手に決定機を与えなかった。前半43分にはDF三丸のスルーパスに反応した趙東建がシュートを放ったが、相手GKに阻まれた。

 後半も守勢に回る時間が続いた。4分、広島MF柴崎のヘディングシュートはGK高丘が好セーブ。途中出場のFW金崎、MF安在も球際で粘り強く競り合って相手の猛攻に耐え続けた。すると42分、左サイドの三丸が敵陣深くからクロスを送り、これが相手のオウンゴールを誘った。この1点を最後まで守り抜いた。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加