自分で作った作物を利用し、加工品の製造や販売に取り組んでもらおうと、佐賀市は農林漁業者による「6次産業化」の取り組みに補助する。市内の生産者や生産組合、直売所などを対象に、加工品の開発や販売開拓、先進地調査など事業に必要な経費の2分の1、30万円を上限に助成する。申し込みは23日まで。

 生産者が生産(1次産業)にとどまらず、食品加工(2次産業)や流通・販売(3次産業)まで行うことで所得を向上し、農山漁村を活性化してもらう狙い。2012年度から補助を始め、これまでに延べ46の個人・団体が活用し、ニンニクみその商品化や通販サイトの作成などを行った。

 本年度の募集枠は8件で、うち2件は女性優先枠。提出された事業計画を審査する。申請書は市のホームページからダウンロードできる。問い合わせは市農業振興課地産地消推進係、電話0952(40)7116。

このエントリーをはてなブックマークに追加