鳥栖市は17日、50代の上下水道局次長と職員2人がやり直し工事の費用補償を巡って、工事を架空発注して支払っていたと発表した。具体的な工事内容や金額は明らかにしていない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加